エンジニアに必要なのは技術だけじゃない

独立で苦労しないために

ビジネス分野では、技術者が独立して開発会社を構えるケースは珍しくありません。開発企業に勤めて技術開発に携わってきたエンジニアも、独立すれば自分の思い通りの仕事ができます。ただし、技術専門で仕事をこなしてきた技術者も、独立では経営のスキル不足で困るような場合もあるようです。
技術者が独立するとなると、経営面の判断も自らの責任と決断で行わなければなりません。しかしながら、これまで全く経営業務に関与してこなかった技術者は、たとえ高度な開発技術を持っていたとしても、ビジネス面では初心者とあまり変わらないでしょう。そのため、いざ独立しようとすると、技術力は高いのに経営が上手くいかないといったケースが多くあります。こうした失敗の可能性を踏まえて、ビジネススキルも学ぶ姿勢が重要です。独立する前に、ビジネススキルについてある程度のノウハウは吸収しておいたほうがいいでしょう。また、経営者の視点を持ちながら働くのは、以外と面白いものです。エンジニアの観点からは知らなかった事柄が、経営者の視点からは多く見えてきます。
ビジネススキルもまた技術の一つと捉えたのであれば、そのスキルアップのために身構えることもありません。なにより、会社から独立して経営に困るようなことがないよう、早めにビジネススキルを学んでおくことが大切です。後で苦労するよりも、先にビジネススキルを上げるために苦労した方が、エンジニアとしてプラスになるでしょう。